ブログネタ
ジャズ/フュージョン批評 に参加中!
MIGRATION-1 ドラマーアントニオ・サンチェスの名前を聞くと,すぐにパット・メセニーの名前を想起してしまう。
 そしてアントニオ・サンチェスの『MIGRATION』(以下『マイグレーション』)と聞くと,すぐにパット・メセニーユニティバンドの『UNITY BAND』,あるいはパット・メセニーユニティグループの『KIN(←→)』を想起してしまう。

 そう。『UNITY BAND』『KIN(←→)』の原型は『マイグレーション』にある。
 アントニオ・サンチェスが準備した『マイグレーションセッションにおけるインスピレーションが,あのパット・メセニーに『80/81』以来,実に32年振りとなるサックスフィーチャリング・アルバムを制作させることになったのだ。

 『マイグレーション』の録音メンバーである,ドラムアントニオ・サンチェスギターパット・メセニーテナーサックスソプラノサックスクリスポッターの名前がそのまんま,パット・メセニーユニティグループの「メンバー表」にずらり。

 ギターパット・メセニードラムアントニオ・サンチェスが参加する2つのパット・メセニーグループであっても,パット・メセニーグループ(以下,PMG)とパット・メセニーユニティグループ(以下,PMUG)では,ルーツが異なっているのだから,POPなPMGJAZZYなPMUGでは音楽的に違って当然なのである。

 おおっと,このままではパット・メセニー批評に流れそうな勢いなので,話を『マイグレーション批評に戻すとするが,ズバリ言っておくと『マイグレーション』におけるアントニオ・サンチェスとの結びつきは,パット・メセニー以上にチック・コリアの方が強いということ! 読者の皆さんには,この衝撃の事実を踏まえてから『マイグレーション』を聴いてみてほしい,ということ!
 “ズブズブな関係”であるパット・メセニーアントニオ・サンチェスコラボレーション以上に,チック・コリアアントニオ・サンチェスコラボレーションの熱量が高いのだ。

 そうなると思い起こすのがチック・コリアアントニオ・サンチェスベースジョン・パティトゥッチを迎えてピアノ・トリオを組んだ『ドクター・ジョー〜ジョー・ヘンダーソンに捧ぐ』の存在である。
 録音データは『ドクター・ジョー〜ジョー・ヘンダーソンに捧ぐ』の方が後だから,チック・コリアが『マイグレーション』で“味をしめた”と判断できる。そう言えば『マイグレーション』の7曲目【INNER URGE】はジョー・ヘンダーソンオリジナルであるし…。

 アントニオ・サンチェスの何がパット・メセニーを,そしてチック・コリアを魅了するのだろうか?
 リーダーとしてプレイした『マイグレーション』におけるアントニオ・サンチェスドラミングJAZZY。PMUGJAZZYに振れているのはアントニオ・サンチェスからの影響である。

 PMGではアグレッシブにドラムを叩いていたアントニオ・サンチェスであるが,PMUG,そして『マイグレーション』では,繊細かつツボを抑えた的確で“COOL”なドラミングが気持ちいい。

MIGRATION-2 『マイグレーション』は,基本ツインテナーピアノレス・カルテットゆえ,かなり自由度の高い演奏が展開されている。
 あまり聞き馴染みのないインテリジェンスでとっつきにくい編成だと思うが,思わず引き込まれてしまったのは“ジャズドラマーアントニオ・サンチェスの決め技,小技が連続する多彩なドラミングだけが持つ独特の雰囲気にある。

 アントニオ・サンチェスは「万能型」のドラマーである。きっちりとした音楽理論をバックボーンに,共演者のスタイルに合わせつつもトリッキーなカウベル・ワークやクラーベ,自在にダイナミクスを操るスネアを駆使してインプロヴィゼーションを仕掛けている。
 そう。高次元で音楽性を拡大させるマニアックなドラミングこそが,アントニオ・サンチェスの“真骨頂”なのであろう。

 そんなアントニオ・サンチェスだから,同じ気質のチック・コリアとの相性チリバツ!
 パット・メセニーアントニオ・サンチェスワールドツアーで拘束することがなければ,恐らくはチック・コリアアントニオ・サンチェスを強奪する!と予言しておこう。

PS アドリブログの本編でも登場したのは主役のアントニオ・サンチェスと大物ゲストのパット・メセニーチック・コリアの名前だけ。『マイグレーション』のセオリーはアントニオ・サンチェスに絡むパット・メセニーチック・コリアで十分だけと思われがちだが,どうしてどうして…。アントニオ・サンチェスがパートナーに選んだスコット・コリーが素晴らしい。パット・メセニーPMUGに選んだクリス・ポッターが神懸り。レギュラー・メンバーの名演も熱く語られるべきだと思う,ということだけは書き残しておく。

  01. One for Antonio
  02. Did you get it?
  03. Arena (Sand)
  04. Challenge within
  05. Ballade
  06. Greedy Silence
  07. Inner Urge
  08. The Hummingbird
  09. Solar

(カムジャズ/CAM JAZZ 2007年発売/VACM-1317)
(デジパック仕様)
(ライナーノーツ/成田正)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)