『DEWDROPS』の2曲目は【IN THE DISTANCE】。

 【IN THE DISTANCE】は,カシオペア繋がりの楠木勇有行の朴訥で,しかし優しく語りかけるようなヴォーカルの表情とバック・サウンドの暗めの音造りがチリバツで,ディープでポップなミディアム・AOR・バラードな1曲。

 ニューヨークから届いた友人の手紙で,ほろ苦い過去の思い出に浸り,さて,俺はこれからどうしようかと想いを馳せるストーリーは,今ドキのカフェで流れていそうな気だるいテイスト。

 ジャージーかつアーバンな月9のドラマのようなシティ・ポップで仕立てたしっとり感強めのバラードを,カラッとしたストレートな演奏でまとめているのが【IN THE DISTANCE】で描かれている物悲しさを強調している。シティ・ポップの隠れ名曲だと思う。

 
TETSUO SAKURAI : Bass
YUJI TORIYAMA : Synthesizer Operate
JUN AOYAMA : Drums
ICHIKO HASHIMOTO : Acoustic Piano
KEN MORIMURA : Organ
CHYUEI YOSHIKAWA : Acoustic Guitar
YUKOH KUSUNOKI : Vocal

DEWDROPS-1
DEWDROPS
アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION



ヨブ記8章 ビルダドの最初の発言
ランディ・ブレッカー・ウィズ・マイケル・ブレッカー 『サム・スカンク・ファンク