『3,2 & 1 DISC 2』の5曲目は【OLEO】。

 【OLEO】のソロギターカヴァーでの「常套手段」である,メロディー・ラインとベース・ラインの「超絶・同時弾き」を披露してくれているのだが,いかんせん,小沼ようすけは「ものが違う」。

 余りにもスムーズなので意識していないと聴き分けられないと思うが,メロディー・ラインとベース・ラインがハーモニーやコーラスを付けながら進行している事実に驚愕してしまう。

 ハイテクニックを意識させない【OLEO】のスムーズな演奏こそが,ギター・コンペ優勝者のハイテクニックを存分に堪能できる必聴トラックである。

 
YOSUKE ONUMA : Acoustic Guitar

3,2 & 1-1
3,2 & 1
アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION



ヨブ記34章 エリフは神の公正さと神の行いの正しさを説明する
渡辺香津美 『ワン・フォー・オール