『JAM JAM』の3曲目は【WHITER SHADE OF PALE】。

 『JAM JAM』を通して聴いていると,KANKAWAが【WHITER SHADE OF PALE】をやりたいがためのハイラム・ブロックであり,それゆえの「THE HEAVY CATS」であるように思ってしまう。

 【WHITER SHADE OF PALE】のバッハからインスピレーションを受けたかのようなイントロから独唱にかけてのハモンド・オルガンが曲想に合う合う!
 バラードだと意外に気になるレスリーのノイズも曲に深みを与える上で必要に思えてきた。

 ハイラム・ブロックヴォーカルもまずまず。途中でキーが高さそうで苦しくなったのはご愛敬?
 その分ギターソロでバッチリと盛り上げてくれる。8分52秒からのフレージングが大好きで一時期そこばかりを聴いておりました。

PS 余談ですが【WHITER SHADE OF PALE】つながりからの【SMOKE ON THE WATER】の選曲なのでしょう。【WHITER SHADE OF PALE】は分かるし成功ですが【SMOKE ON THE WATER】はヒラメキ止まりの方が良かったのでは?

 
HIRAM BULLOCK : Guitar, Vocal
KANKAWA : Organ, Keyboards
KENJI HINO : Electric Bass
FUYU : Drums

JAM JAM-1
JAM JAM
アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION



エゼキエル書12章 「私の言葉の実現が遅れることはない」
チャーリー・マリアーノ&渡辺貞夫 『ナベサダ&チャーリー