『THE SEXTET』の1曲目は【PRINCESS SWALLOW】(以下【プリンセス・スワロー】)。

 典型的なハード・バップ・フォーマットで演奏される【プリンセス・スワロー】は『THE SEXTET』はジャズ・ワークショップの「顔見せ」的な1曲。フロントを張る4人のソロ廻しが聴き所。

 【プリンセス・スワロー】は全編高速ナンバーで,ゆったりと聴けるのは最初と最後に演奏されるテーマ部でのユニゾン・パートと,途中でユーモラスに演奏される【マイルストーン】のクダリぐらいであろう。

 岡崎好朗トランペットソロ多田誠司アルトソロ川嶋哲郎テナーソロ大西純子ピアノソロへと全速力でバトンが渡されていく。

 大西純子ピアノがバッキングでの大活躍。原大力の刻むドラミングと一体となって3管フロントを容赦なく猛プッシュ。
 たまらずアドリブを“絞り出した”感じの岡崎好朗のテンションが多田誠司川嶋哲郎へと伝染している。その辺の面白さが大西純子のハートを掴んだのだろう。

 
JAZZ WORKSHOP
JUNKO ONISHI : Piano
YOSHIRO OKAZAKI : Trumpet
SEIJI TADA : Alto Saxophone
TETSURO KAWASHIMA : Tenor Saxophone
SHIGEO ARAMAKI : Bass
DAIRIKI HARA : Drums

THE SEXTET-1
THE SEXTET
アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION



アモス書4章 矯正を受け入れないイスラエル
アート・ペッパー 『再会