『TOSHIKO MARIANO QUARTET』の5曲目は【LONG YELLOW ROAD】(以下【ロング・イエロー・ロード】)。

 【ロング・イエロー・ロード】は,秋吉敏子コンサートでは「定番」のオープニング曲として余りにも有名な名曲の1つ。
 もう1つ【ロング・イエロー・ロード】を有名にしたのは,テーマの出だしで日本の童謡「七つの子」が引用されていることでも知られている。

 ただし【ロング・イエロー・ロード】は,ハッピーな曲ではない。
 【ロング・イエロー・ロード】とは訳すと「黄色い長い道」。実はこの曲,秋吉敏子が実体験した,黄色人種で女性というアメリカという国で二重の標的とされた「偏見との闘い」のテーマ・ソングなのである。

 「カラスなぜなくの〜♪」は「TOSHIKOなぜなくの〜♪」であって,それでも悲しく聞こえないのは,ジャズのリズムに乗って,日本歌謡的な口ずさみやすいメロディー・ラインが流れているからなのだろう。

 戦後の日本,アメリカ文化の象徴であったジャズ,日本女性がこれから歩むことになるであろう,黄色人種というレッテルを貼られたまま歩く長く険しい道…。
 そんな暗い将来を振り払うために,気丈に明るくピアノに向かう秋吉敏子
 そんな秋吉敏子のアイデンティティーを背負った【ロング・イエロー・ロード】が管理人には音楽的にもちと重い日がある…。

 
TOSHIKO AKIYOSHI : Piano
CHARLIE MARIANO : Alto Saxophone
GENE CHERICO : Bass
EDDIE MARSHALL : Drums

TOSHIKO MARIANO QUARTET-1
TOSHIKO MARIANO QUARTET
アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION



マルコ12章 最も重要な2つのおきて
渡辺香津美 with オーケストラ 『DEAR TOKYO