『FAVOR OF MY FRIENDS』の1曲目は【ON THE TRACK】。

 【ON THE TRACK】の聴き所は,須藤満ベース神保彰ドラムが生み出す最高にスリリングな変拍子のシンクロにある。
 須藤満の方は堂々と8分の7拍子でベースを弾いているが,神保彰の方も堂々と8分の9拍子でドラムを叩いている。
 頭の中が混乱する「ズレているのに合っている」見事な変拍子にKOされてしまう。

 メカニカルなリズムでズンズンと曲調が前進していく展開に大橋勇ギターが安定したメロディーを聴かせてくれるから,どちらかというと大橋勇がテーマとリズムを刻みながらキーボードベースが“歌う”感じ。
 ただしラストは大橋勇が1人で突進して「全部をかっさらっていく」スーパーなギターソロ! 大橋勇のロック・ギターを「フュージョンギターに衣替えした」秘訣こそが,須藤満神保彰の「夢の共演」! 

 2000年代はノリストでもジンサクでもなくジンスト時代が到来します!?

 
MITSURU SUTOH : Bass
AKIRA JIMBO : Drums
ISAMU OHASHI : Guitar
AZUCHI TAKAHASHI : Keyboards

FAVOR OF MY FRIENDS-1
FAVOR OF MY FRIENDS
アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION



啓示18章 「私の民よ,彼女から出なさい」
ジョー・ザビヌル 『マイ・ピープル