『MANA』の2曲目は【DR.FUJII】(以下【ドクター・フジイ】)。

 【ドクター・フジイ】の演奏は物凄い。しかし,どう聴いても森山威男が80%の力で余裕しゃくしゃくドラミングを楽しんでいる印象の,垂れ流しセッション・ナンバー。

 キャッチーでリズミックなユニゾン・テーマを決めた後はフリーインプロヴィゼーションのショーケース。通常よりも短めのソロ廻しからはメンバーたちも80%の力で演奏しながらメンバーの反応を楽しんでいる雰囲気が感じられる。

 そう思うのは3分32秒での板橋文夫ピアノでの「チョン」。
 前に出ようとした林栄一を「お前じゃない」的にいさめて,森山威男を前に推している。

 その分4分35秒からのアルトサックスソロでは「おあずけ」を喰った林栄一がコンマゼロ秒単位でビブラートしながらスパークする。
 でもそんな気迫あふれる林栄一の表情は「どうだ〜,板橋,コノヤロー」のポージングだけで全然笑っちゃっているんだよな〜。

 
TAKEO MORIYAMA : Drums
FUMIO ITABASHI : Piano
TOSHIHIKO INOUE : Soprano Saxophone, Tenor Saxophone
EIICHI HAYASHI : Alto Saxophone
HIROSHI YOSHINO : Bass

MANA-1
MANA
アドリグをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION



ダビデの家庭内の困難(サ二13:1-18:33)
akiko 『シンプリー・ブルー