アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ CD, DVD, ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

カテゴリ: スーパートリビア:グラミー賞 受賞作

 “年に一度の音楽の祭典”第62回(2019年度)のグラミー賞が2日前に発表されていました。  今まではずっと2月中旬の発表だったのに今年から1月の発表に変わったようです。  2019年度のグラミー賞はビリー・アイリッシュ一色!  ノミネートの段階で全部で ...

 大晦日は,アドリブログでも,ジャズ/フュージョンの総決算!  2019年,グラミー賞のノミネート作についてレポートします。  読者の皆さんには,管理人の一押しよりも,この中からジャズ/フュージョンに接することを(謙虚になって)お奨めいたします。 -------- ...

 “年に一度の音楽の祭典”第61回(2018年度)のグラミー賞が本日発表された。  ‟アメリカの星野源”ことチャイルディッシュ・ガンビーノが「年間最優秀レコード」と「年間最優秀楽曲」の主要2部門を含めた4冠受賞。ヒップホップが主要部門を初受賞+「最優秀ミ ...

 大晦日は,アドリブログでも,ジャズ/フュージョンの総決算!  2018年,グラミー賞のノミネート作についてレポートします。  読者の皆さんには,管理人の一押しよりも,この中からジャズ/フュージョンに接することを(謙虚になって)お奨めいたします。 -------- ...

 “年に一度の音楽の祭典”第60回(2017年度)のグラミー賞が昨日発表された。  世間的にはブルーノ・マーズが主要含む6冠受賞。ケンドリック・ラマーが5冠受賞。  いいや,それ以上に「白いバラ」と「タイムズ・アップ」であろう。ミュージシャンが政治的にも大 ...

 大晦日は,アドリブログでも,ジャズ/フュージョンの総決算!  2017年,グラミー賞のノミネート作についてレポートします。  読者の皆さんには,管理人の一押しよりも,この中からジャズ/フュージョンに接することを(謙虚になって)お奨めいたします。 -------- ...

 “年に一度の音楽の祭典”第59回(2016年度)のグラミー賞が昨日発表された。  世間的にはグラミー賞史上初となる,アデルの2012年に続く2度目の主要3部門受賞であろう。あるいは内田光子の日本人初となる2度目の受賞であろう。  個人的にはストリーミング ...

 大晦日は,アドリブログでも,ジャズ/フュージョンの総決算!  2016年,グラミー賞のノミネート作についてレポートします。  読者の皆さんには,管理人の一押しよりも,この中からジャズ/フュージョンに接することを(謙虚になって)お奨めいたします。 -------- ...

 “年に一度の音楽の祭典”第58回(2015年度)のグラミー賞が本日発表された。  世間的にはテイラー・スウィフトの3冠であろう。特に「年間最優秀アルバム」の2度の受賞は女性アーティスト史上初の快挙であるが,管理人的には小澤征爾が8回目のグラミー賞・ノ ...

 大晦日は,アドリブログでも,ジャズ/フュージョンの総決算!  2015年,グラミー賞のノミネート作についてレポートします。  読者の皆さんには,管理人の一押しよりも,この中からジャズ/フュージョンに接することを(謙虚になって)お奨めいたします。 -------- ...

 “年に一度の音楽の祭典”第57回(2014年度)のグラミー賞が本日発表された。  管理人的にはレディー・ガガ&トニー・ベネットのデュエット。ネットでパフォーマンス映像を見つけたが,これは見応えがあった。なんだかレディー・ガガにハマリそうで恐い?  世 ...

 大晦日は,アドリブログでも,ジャズ/フュージョンの総決算!  2014年,グラミー賞のノミネート作についてレポートします。  読者の皆さんには,管理人の一押しよりも,この中からジャズ/フュージョンに接することを(謙虚になって)お奨めいたします。 --- ...

 昨夜の管理人はどうかしていました。“初耳”テリ・リン・キャリントンの受賞に我を忘れてしまいました。狂喜すべき夜に驚喜だけで終わってしまい,黒霧でお祝いすることを忘れていました。  大・大・大好きなウェイン・ショーターが10個目のグラミー賞を受賞したとい ...

 “年に一度の音楽の祭典”第56回(2013年度)のグラミー賞が本日発表された。  ダフト・パンクが主要2部門を含む5冠達成もヘルメット・パフォーマンスでダンマリ…。バイオリニストの五嶋みどりさん…。  ん? ジャズ/フュージョン以外はどうでもよかった ...

 大晦日は,アドリブログでも,ジャズ/フュージョンの総決算!  2013年,グラミー賞のノミネート作についてレポートします。  読者の皆さんには,管理人の一押しよりも,この中からジャズ/フュージョンに接することを(謙虚になって)お奨めいたします。 --- ...

 “年に一度の音楽の祭典”第55回(2012年度)のグラミー賞が本日発表された。  今年のグラミーが本命不在の大混戦の中,FUN.が主要2冠に輝き,日本のローランドのMIDIが「グラミー技術賞」受賞に沸きましたね。  今年はWOWOWのグラミー賞授賞式 ...

 大晦日は,アドリブログでも,ジャズ/フュージョンの総決算!  2012年,グラミー賞のノミネート作についてレポートします。  昨年も触れましたがグラミー賞にも変革の時期が訪れたようで,あたまぁ,今年もいろいろと変更が加えられています。 ・ジャズの受賞 ...

 “年に一度の音楽の祭典”第54回(2011年度)のグラミー賞が本日発表された。  アデルが主要3部門を含む6冠達成で感涙。ノラ・ジョーンズ以来の快挙だろうが,話題の中心はしばらくホイットニー・ヒューストンが独占することでしょう?  ん? ジャズ/フュ ...

 大晦日は,アドリブログでも,ジャズ/フュージョンの総決算!  2011年,グラミー賞『FIELD 10 − JAZZ』部門のノミネート作についてレポートします。  …と,例年でしたら書き始めるところですが,折からのCD不況直撃? どうやら日本のレコード ...

 “年に一度の音楽の祭典”第53回(2010年度)のグラミー賞が本日発表された。  レディ・アンテベラムが最優秀楽曲賞,最優秀レコード賞の主要2部門を含む5冠達成が話題だが,今年の主役はジャズ・ベーシストのエスペランサ! ジャスティン・ビーバーやドレイク ...

 大晦日は,アドリブログでも,ジャズ/フュージョンの総決算!  2010年,グラミー賞『FIELD 10 − JAZZ』部門のノミネート作についてレポートします。  読者の皆さんには,管理人の一押しよりも,この中からジャズ/フュージョンに接することを(謙 ...

 “年に一度の音楽の祭典”第52回(2009年度)のグラミー賞が本日発表された。  ビヨンセの6冠,テイラー・スウィフトの4冠が話題ですが,今年の主役は故マイケル・ジャクソン! マイケル・ジャクソンと来れば,ジャズ好きにはクインシー・ジョーンズであろうが ...

 大晦日は,アドリブログでも,ジャズ/フュージョンの総決算!  2009年,グラミー賞『FIELD 10 − JAZZ』部門のノミネート作についてレポートします。  読者の皆さんには,管理人の一押しよりも,この中からジャズ/フュージョンに接することを(謙 ...

 拝啓 チック・コリア様  まずはアドリブログの「スーパートリビア」への殿堂入り。おめでとうございます。管理人の「虚言」を封じ込めた圧倒的な実力は天下一です。お見逸れしました。  こうしてチック様の「グラミー受賞履歴」を眺めてみますと,チック様の良く言 ...

 “年に一度の音楽の祭典”第51回(2008年度)のグラミー賞が本日発表された。  コールドプレイが3部門,元レッド・ツェッペリンのロバート・プラントが5部門,新人賞がアデル…。  「アメリカ人優先」で知られるグラミー賞にしては珍しく「UK旋風」が吹き荒 ...

 大晦日は,アドリブログでも,ジャズ/フュージョンの総決算!  2008年,グラミー賞『FIELD 10 − JAZZ』部門のノミネート作についてレポートします。  読者の皆さんには,管理人の一押しよりも,この中からジャズ/フュージョンに接することを(謙 ...

 ハービー・ハンコックが,やってくれました! あのケニー・Gでさえ成し得なかった,グラミーの「最優秀アルバム」の大受賞! → 即決「スーパートリビア」への殿堂入り!  こうしてハービー・ハンコックの「グラミー受賞履歴」を眺めてみると,ハービー・ハンコッ ...

 “年に一度の音楽の祭典”第50回(2007年度)のグラミー賞が本日発表された。  注目のエイミー・ワインハウスが,最優秀レコード,最優秀楽曲,最優秀新人の主要3部門を含む5部門を受賞。カニエ・ウェストも4部門を受賞。  …と,アメリカ全土はこの両雄の話 ...

 大晦日は,アドリブログでも,ジャズ/フュージョンの総決算!  2007年,グラミー賞『FIELD 10 − JAZZ』部門のノミネート作についてレポートします。  読者の皆さんには,管理人の一押しよりも,この中からジャズ/フュージョンに接することを(謙 ...

 「ジャズ・ホーン」誌,特別編集「マイケル・ブレッカー特集号」によると,マイケル・ブレッカーの全ディスコグラフィは,LP+CDが791,映像ものが28枚あるらしい。この“多産ぶり”は真に驚異的である。  その中で,何を聴くか? → そこでグラミー賞!   ...

 グラミー賞! いやはや,発表から2日も経ってしまい,読者の皆さんも少し興ざめ?するのかもしれませんが,年末のお約束を果たすため,第49回(2006年度)グラミー賞についてレポートしてみます。「速報!」版が多数出ている中での「遅報!」版の発行で〜す! ...

 大晦日は,アドリブログでも,ジャズ/フュージョンの総決算!  2006年,グラミー賞『FIELD 10 − JAZZ』部門のノミネート作についてレポートします。  読者の皆さんには,管理人の一押しよりも,この中からジャズ/フュージョンに接することを(謙 ...

 パット・メセニー・グループの“最新”グラミー受賞作,『THE WAY UP』をやっと手に入れました。  大作ゆえ嫌な予感がして敬遠していましたが,聴いてみると思いのほか“普通の出来”で良かったです。  ただしサウンドとしてはパット・メセニー・グループ ...

 昨日,グラミー賞について“遅報!”しましたが,パット・メセニー・グループがまた受賞しましたね。一体,何回目の受賞なのか気になったので 「グラミー賞公式サイト」 で調べてみました。  すると…。あるはあるは,ザックザクの宝の山状態でした。  そこでパット・ ...

 グラミー賞! いやはや,発表から4日も経ってしまい,読者の皆さんも少し興ざめ?するのかもしれませんが,年末のお約束を果たすため,第48回(2005年度)グラミー賞についてレポートしてみます。「速報!」版が多数出ている中での「遅報!」版の発行で〜す! ...

 今夜は大晦日。大晦日と言えば今年1年の総決算。音楽番組でも「紅白歌合戦」&「日本レコード大賞」がある。  で,世界的には「グラミー賞」! 大賞の発表は2月8日(日本時間では2月9日)であるが,すでに金賞(ノミネート作)が発表されている。  そこで大晦日 ...

↑このページのトップヘ

Copyright (C) 2005-2023 アドリブログ All Rights Reserved.