アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ CD, DVD, ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

カテゴリ: CD批評:セロニアス・モンク

アナログレコード  『SOLO MONK』の13曲目は【INTROSPECTION】(以下【イントロスペクション】)。  【イントロスペクション】は“伸るか反るか”の大勝負である。当然,モンクは伸っている! いや,反っている? これは「ドリフのズッコケ ...

アナログレコード  『SOLO MONK』の12曲目は【THESE FOOLISH THINGS(REMIND ME OF YOU)】(以下【ジーズ・フーリッシュ・シングス(リマインド・ミー・オブ・ユー)】)。  【ジーズ・フーリッシュ・シングス(リマ ...

アナログレコード  『SOLO MONK』の11曲目は【ASK ME NOW】(以下【アスク・ミー・ナウ】)。  【アスク・ミー・ナウ】こそ,セロニアス・モンクの目指す「ソロ・ピアノの完成形」ではなかろうか? 最近特にその思いが強くなってきた。  今に ...

アナログレコード  『SOLO MONK』の10曲目は【I SHOULD CARE】(以下【アイ・シュッド・ケア】)。  【アイ・シュッド・ケア】には,ジャズ“ソロ”ピアニスト=セロニアス・モンクが詰まっている! キーワードは“響き”である。  遅咲 ...

アナログレコード  『SOLO MONK』の9曲目は【MONK’S POINT】(以下【モンクス・ポイント】)。  【モンクス・ポイント】は,演奏中のセロニアス・モンクの“絵”が浮かんできそうなトラック。独特のメロディを“唸り声付で”力強いピアノのタッ ...

アナログレコード  『SOLO MONK』の8曲目は【EVERYTHING HAPPENS TO ME】(以下【エヴリシング・ハプンズ・トゥ・ミー】)。  【エヴリシング・ハプンズ・トゥ・ミー】は『SOLO MONK』の売りである,明るさが“仇”と出た ...

アナログレコード  『SOLO MONK』の7曲目は【I HADN’T ANYONE TILL YOU】(以下【アイ・ハドント・エニワン・ティル・ユー】)。  初めて【アイ・ハドント・エニワン・ティル・ユー】を聴いた時の印象は「保育園の先生が伴奏するピ ...

アナログレコード  『SOLO MONK』の6曲目は【I’M CONFESSIN’(THAT I LOVE YOU)】(以下【アイム・コンフェッシン(ザット・アイ・ラヴ・ユー)】)。  ジャズ・スタンダードである【アイム・コンフェッシン(ザット・アイ・ ...

アナログレコード  『SOLO MONK』の5曲目は【RUBY, MY DEAR】(以下【ルビー・マイ・ディア】)。  反論承知で大袈裟に言えば【ルビー・マイ・ディア】こそ,セロニアス・モンクの代表作!  【ルビー・マイ・ディア】を聴いて,セロニアス・ ...

アナログレコード  『SOLO MONK』の4曲目は【NORTH OF THE SUNSET】(以下【ノース・オブ・ザ・サンセット】)。  【ノース・オブ・ザ・サンセット】は,セロニアス・モンクの“音・遊び”である。  セロニアス・モンクは“不遇の時代 ...

アナログレコード  『SOLO MONK』の3曲目は【SWEET AND LOVELY】(以下【スウィート・アンド・ラヴリー】)。  【スウィート・アンド・ラヴリー】は,アップテンポ+メロディアス=明るいはずなのに,どことなく暗い。二重人格のように「裏 ...

アナログレコード  『SOLO MONK』の2曲目は【I SURRENDER, DEAR】(以下【アイ・サレンダー・ディア】)。  セロニアス・モンクの【アイ・サレンダー・ディア】には,ソロ・ピアノによる2つの録音が残されている。一方は名盤『BRILL ...

アナログレコード  『SOLO MONK』の1曲目は【DINAH】(以下【ダイナ】)。  【ダイナ】でのセロニアス・モンクは“あか抜け”た印象。単純に「明るい」「ノー天気」というのとは訳が違う。  例のモンク“くささ”が“いい感じ”なあんばいなのである ...

アナログレコード  正直,管理人はソロ・ピアノが好きではなかった。『SOLO MONK』(以下『ソロ・モンク』)と出会うまでは…。  ジャズの本質はインプロヴィゼーションにあり,曲の構成は決まっていても,その場その場で,その瞬間に“最善”と感じたフレ ...

↑このページのトップヘ