アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ CD, DVD, ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

カテゴリ:CD批評 > サ:SAYA

 『TWILIGHT』(以下『トワイライト』)は,Sayaお得意の“復活”R&B路線。  しかし『トワイライト』は『UNITY』程“黒くはない”爽やかなピアノ・トリオ作。人気のR&Bの名曲が流行のクラブ・ジャズ・アレンジで心地良い刺激を与えてくれる。 ...

 読者の皆さんは2005年の愛知万博「愛・地球博」へ行かれましたか? そしてテーマ・ソングを耳にしましたか? そう。ジャズのあの曲…。  渡辺貞夫の【シェア・ザ・ワールド 〜こころつないで〜】と答えたあなたは大正解。やっぱり“世界のナベサダ”です。政府出 ...

 『BLOOM』は“可憐で清楚で優雅な”Sayaの魅力全開なCD。  ジャケット写真の雰囲気通り,暖かな日差しが降り注ぐ昼下がりのジャズ・ピアノ。耳に心地よいメロディが明るく優しい空間を生み出していく。  『BLOOM』の象徴【HIGHER】でのSay ...

 『BEAUTIFUL DAY』はSayaの本質を見事にとらえた大傑作! 「URBAN CONTEMPORARY JAZZ」の大傑作!  『BEAUTIFUL DAY』でのSayaはピアノに加えてフェンダー・ローズを弾いている。  生ピアノの【INTO ...

 管理人はしばし“ジャズ・ピアニスト”Sayaの本質を勘違いしていた。  管理人がSayaにハマッタきっかけとなった思い出の『UNITY』(以下『ユニティ』)。『ユニティ』は名盤である。スイングジャーナル誌選定【ゴールドディスク】受賞作である。『ユニティ ...

 実に清々しい。瑞々しい。(毎日聴いても何年聴いても)“真っ白な”ジャズ・ピアノ。  管理人はとうとう,Sayaの『DANCE YOUR HEART』(以下『ダンス・ユア・ハート』)に“魂を抜かれてしまった”思いがする。  世間には音楽療法なるものがあ ...

 自主制作→インディーズ→入手困難。ジャズ/フュージョンのCDコレクターなら,いつかはこの壁にぶち当たる。  ここに海外制作・現地限定発売という“しばり”がかかれば,ほぼ入手不可能間違いなし。ネットでの海外通販頼みに賭けるのみ。ああ,悩ましい。どうしても ...

 『TIMELESS』の13曲目は【TIMELESS】(以下【タイムレス】)。  時間を忘れて【タイムレス】。時代を超えて【タイムレス】。  争いを忘れ,国境を越え肌の色を越え人種を越え言語を越え,大空へと響き渡る「祈り」にも似たピアノの音色…。Saya ...

 『TIMELESS』の11曲目は【ETUDE OP.10 NO.3】(以下【別れの曲】)。  ピアニストの「登竜門」であろうショパンの【別れの曲】は,ひたすら美しいテーマが“胸に突き刺さるかどうか”が肝である。  管理人の結論=Sayaの【別れの曲】 ...

 『TIMELESS』の10曲目は【PRELUDE】(以下【プレリュード】)。  【プレリュード】は,悲しみにどっぷりと浸かった,ビル・エヴァンスのようだ。「ビル・エヴァンス好き」を公言しているSayaだけにあながち外れてはいないと思っている。  ビル ...

 『TIMELESS』の12曲目は【PAVANE】(以下【亡き王女のためのパヴァーヌ】)。  【亡き王女のためのパヴァーヌ】を取り上げるジャズメンは皆一様に“繊細な美の追究”に向かう。百戦錬磨のジャズメンでさえ,ついつい創作意欲を駆り立てられるだから,ラ ...

 『TIMELESS』の9曲目は【SIMPLE POEM】(以下【シンプル・ポエム】)。  “シンプルなピアノの詩”と言う意味の【シンプル・ポエム】だがポエムと言うよりは“ショート・ストーリー”! 印象的なクライマックスへと展開する,悲しい結末…。つかの ...

 『TIMELESS』の8曲目は【BUTTERFLY】(以下【バタフライ】)。  【バタフライ】を聴くと,いつも“どっぷりと”悲しみに沈み込んでしまう。こんなに“切ない気分”になるのはなぜなのだろう。今にも涙がこぼれ落ちてきそうで,この手の曲はどうも苦手 ...

 『TIMELESS』の7曲目は【CHOPIN IN CARIBBEAN (NOCTURNE OP.9 NO.2)】(以下【ショパン・イン・カリビアン / ノクターン 第2番 作品9−2】)。  【ショパン・イン・カリビアン / ノクターン 第2番 作品9− ...

 『TIMELESS』の6曲目は【VIA SPRING】(以下【ヴィア・スプリング】)。  【ヴィア・スプリング】は,わずか49秒の小品であるが,何度も繰り返し“マザーグース”似のメロディが登場する。  そのマザーグースとは【OLD MACDONALD  ...

 『TIMELESS』の5曲目は【CLAIR DE LUNE】(以下【月の光】)。  【月の光】は“大人”の気品溢れるジャズ! と言うのは,3人とも決して“自分が”前に出ようとはしていない。それどころか丁寧に,互いに音を重ね合っている。つまりはハーモニー ...

 『TIMELESS』の4曲目は【GYMNOPEDIE NO.1】(以下【ジムノペディ 第1番】)。  【ジムノペディ 第1番】は,ご存じ「エリック・サティ」の超有名曲。ジャズ・スタンダードもそうであるが,永遠の名曲と呼ばれるものは,様々なジャンルの様々 ...

 『TIMELESS』の3曲目は【PIANO SONATA OP.8 NO.2】(以下【悲愴】)。  【悲愴】に聴き覚えあり。ビリー・ジョエルの【ディス・ナイト】と思い込み,ライナーノーツに目を落とす。するとこんな解説が…。  「【悲愴】は,ベートーベン三 ...

 『TIMELESS』の2曲目は【FLOWER WALTZ】(以下【花のワルツ】)。  【花のワルツ】は,ハートフォード生命のCMタイアップだったので,聴き覚えのある方もいらっしゃると思う。小林稔侍主演「年金の達人・ほのぼの家族篇」と言えば分かるだろうか ...

 『TIMELESS』の1曲目は【AIR】(以下【G線上のアリア】)。  数あるクラシックの名曲の中でも,最もジャズメンに愛されてきた?【G線上のアリア】であるが,Sayaの見事なアレンジにより【G線上のアリア】が“ジャズ・スタンダード”の仲間入りを果た ...

 「逆輸入」という言葉がある。「MADE IN JAPAN」が海外で高く評価され,その人気ぶりから我が国でもブレイク,という図式。  SONYの“WALKMAN”。TOSHIBAの“DynaBook”。TOYOTAの“レクサス”…。数え上げれば,枚挙にい ...

↑このページのトップヘ