アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ CD, DVD, ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

カテゴリ: CD批評:M:マル・ウォルドロン

アナログレコード  『LEFT ALONE』の6曲目は【THE WAY HE REMEMBERS BILLIE HOLIDAY】(以下【ビリー・ホリデイを偲んで】)。  【ビリー・ホリデイを偲んで】は,プロデューサーのテディ・チャールズが聞き手となって ...

アナログレコード  『LEFT ALONE』の3曲目は【YOU DON’T WHAT LOVE IS】(以下【恋とは何でしょう】)。  ビリー・ホリディの愛唱歌と言えば,管理人にとっては【恋とは何でしょう】である。ビリー・ホリディの“お抱え”ピアニストで ...

アナログレコード  『LEFT ALONE』の2曲目は【CAT WALK】(以下【キャット・ウォーク】)。  【キャット・ウォーク】での,マル・ウォルドロンのピアノが最高!  特にテーマを鳴らしきる“くだり”! 22秒から34秒あたりのフレーズがいい。 ...

アナログレコード  『LEFT ALONE』の1曲目は【LEFT ALONE】(以下【レフト・アローン】)。  【レフト・アローン】こそ“ジャズの代名詞”と言い切っても過言ではない! このトラックは大方の日本人なら,まず“嗚咽”してしまうのではなかろう ...

アナログレコード  伴奏楽器と言えばピアノであろう。そして“百戦錬磨のピアノ伴奏者”と言えば,管理人の中では“ご存知”マル・ウォルドロンに違いない。  あっ,こう言った紹介をしてしまうと,マル・ウォルドロンは生涯を通じて伴奏者をしていたように思われるか ...

↑このページのトップヘ

Copyright (C) 2005-2023 アドリブログ All Rights Reserved.