アドリブをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

ジャズ/フュージョン批評ブログ CDレビュー 名盤ガイド:CD, DVD, ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

カテゴリ: CD批評:R:レッド・ガーランド

『GROOVY』の6曲目は【HEY NOW】(以下【ヘイ・ナウ】)。  【ヘイ・ナウ】での,レッド・ガーランドのピアノは最高に輝いている!  【ヘイ・ナウ】にはホーン奏者は不要である。ただただ,レッド・ガーランドのピアノに酔いしれるのみ。ガーランド「一世一 ...

『GROOVY』の5曲目は【WHAT CAN I SAY, DEAR?】(以下【ホワット・キャン・アイ・セイ・ディア】)。  【ホワット・キャン・アイ・セイ・ディア】での,小気味良さとスイング感が“ご機嫌”である。ついつい“指を鳴らして”リズム&カウント ...

『GROOVY』の4曲目は【WILLOW WEEP FOR ME】(以下【柳よ泣いておくれ】)。  【柳よ泣いておくれ】の判断が難しい。このトラックの“裏”題名は【柳よ】ではなく【ジャズ批評家よ泣いておくれ】である。  【柳よ泣いておくれ】は“ブルース・ ...

『GROOVY』の3曲目は【WILL YOU STILL BE MINE?】(以下【ウィル・ユー・スティル・ビー・マイン?】)。  【ウィル・ユー・スティル・ビー・マイン?】における,レッド・ガーランドの名演には舌を巻く。これぞ“パウエル派”を完全に消化 ...

『GROOVY』の2曲目は【GONE AGAIN】(以下【ゴーン・アゲイン】)。  【ゴーン・アゲイン】は,お涙頂戴の一歩手前=しっとり系のバラード。この雰囲気がハマル。何より3人の“歌心溢れる”アドリブが素晴らしい。  レッド・ガーランドのアドリブは, ...

『GROOVY』の1曲目は【C−JAM BLUES】(以下【C ジャム・ブルース】)。  イエーイ,イッツ,グルーヴィー! 【C ジャム・ブルース】が流れ出すと,思わずそう叫びたくなる。  必死で叫ぶのを我慢しようとも,勝手に身体が反応してしまう。この強烈 ...

 “ジャズ通”もマニアの域に差し掛かると,気分はすっかり「ジャズ批評家」である。いっぱしにダメ出しなんぞしたくなる。  しかし不用意なダメ出しにはご注意を! 特に初心者にありがちなのがジャズ雑誌の“丸かじり”! 一瞬で,ジャズをなんにも分かっていない“トウ ...

↑このページのトップヘ

Copyright (C) 2005-2024 アドリブログ All Rights Reserved.