アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ CD, DVD, ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

カテゴリ: CD批評:THE TONY WILLIAMS LIFETIME

 『EMERGENCY!』の8曲目は【SOMETHING SPECIAL】(以下【サムシング・スペシャル】)。  【サムシング・スペシャル】は「トニー・ウィリアムス・ライフタイム」による【ネフェルティティ】! こっちの【ネフェルティティ】は,重量系マイルス ...

アナログレコード  『EMERGENCY!』の6曲目は【SPECTRUM】(以下【スペクトラム】)。  【スペクトラム】も,曲としての構成はあるのだが,印象としては「ただ熱い演奏がある」のみである。トニー・ウィリアムスが凄い。ジョン・マクラフリンが凄い。 ...

アナログレコード  『EMERGENCY!』の5曲目は【VIA SPECTRUM ROADR】(以下【スペクトラル・ロード】)。  【スペクトラル・ロード】は,トニー・ウィリアムスの“ビートルズ風”のボーカルが,マイルス・デイビスを“一歩先んじた”ポップ ...

アナログレコード  『EMERGENCY!』の4曲目は【VASHKAR】(以下【ヴァシュカー】)。  【ヴァシュカー】を聴くと「ライフライム」の“縦一列”のサッカー風バンド構成をイメージしてしまう。先頭で暴れまくるFWがジョン・マクラフリン,中央で“バン ...

アナログレコード  『EMERGENCY!』の3曲目は【WHERE】(以下【ホエア】)。  「どこへ行くの?」のフレーズで始まる【ホエア】こそ「ライフライムよ,どこへ行くの?」である。  【ホエア】の前半は,ジョン・マクラフリンのアドリブこそが聴き所 ...

アナログレコード  『EMERGENCY!』の2曲目は【BEYOND GAMES】(以下【ビヨンド・ゲームズ】)。  【ビヨンド・ゲームズ】こそ,1969年を代表する(大失敗)実験作。アーシーでモーダルなギターとオルガンが鳴り響くなか,棒読みのトニー・ ...

アナログレコード  『EMERGENCY!』の1曲目は【EMERGENCY】(以下【エマージェンシー】)。  【エマージェンシー】は,非常事態宣言&戒厳令発動中のような不穏なムードと空気感! テーマの響きが情緒不安定へと一気に誘う切れ味である。この重量 ...

アナログレコード  大半のジャズ/フュージョン・ファンにとって,1969年=『BITCHES BREW』(以下『ビッチェズ・ブリュー』)であろう。そう。言わずと知れた「電化マイルス」の超大作である。  しかし,ジャズ/フュージョン・ファンの10人に1人 ...

↑このページのトップヘ