アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ CD, DVD, ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

カテゴリ: CD批評:C:チェット・ベイカー

 “廃人”チェット・ベイカーの晩年については語りたくない。  管理人の本音はチェット・ベイカーのプライベートだけではなく“ジャズ・トランペッター”としてのチェット・ベイカーのについてである。  チェット・ベイカーの晩年のCDは手元には1枚もない。全てが ...

 チェット・ベイカー“晩年の代表作”である『LOVE SONG』(以下『ラヴ・ソング』)。  このように紹介してしまうと,枯れというか円熟というか哀愁というか,ベテランのいぶし銀的なニュアンスを欲してしまうものなのだが,チェット・ベイカーの場合は残念な ...

 大方のジャズ・ファンにとって【枯葉】と来ればマイルス・デイビスであろう(ここをキャノンボール・アダレイ名義と呼ぶ人は真のジャズ・ファンとは認められない!)。  しかし10人中7,8人はマイルス・デイビスであったとしても,残る2,3人にとって【枯葉】と来 ...

 チェット・ベイカーの「ウィズ・ストリングス」。絶対に大当たり企画だと思っていたのに…。  ハズレだハズレ。『CHET BAKER WITH FIFTY ITALIAN STRINGS』(以下『マイ・ファニー・ヴァレンタイン〜チェット・ベイカー・ウィズ ...

 『CHET BAKER PLAYS THE BEST OF LERNER AND LOEWE』(以下『チェット・ベイカー・プレイズ・ラーナー&ロウ』)こそが,管理人の「愛聴盤」である。チェット・ベイカーの「裏名盤」だと思っている。  バラードを紡いだ ...

 トランペットのチェット・ベイカーとピアノのビル・エヴァンス“夢の共演盤”が『CHET』(以下『チェット』)。  『チェット』批評はチェット・ベイカーとビル・エヴァンスの“化学反応”を軸にレヴューするのが筋なのだが『チェット』を聴いた感想は『チェット』 ...

 ウエスト・コースト・ジャズのトップスターであったチェット・ベイカーがイースト・コーストへ…。  日本風に言えば「上京」した理由は,大阪芸人の東京進出よろしく「全国区を目指す」的なニュアンスに思えるのだが,その真実は悲しい。音楽的な理由ではなく単純に“麻 ...

 『CHET BAKER & CREW』で“脱ウエスト・コースト宣言”を予告したチェット・ベイカーが,予告通りに活動の拠点を東へと移した一発目の『IT COULD HAPPEN TO YOU:CHET BAKER SINGS』(以下『イット・クッド・ハプ ...

 『QUARTET RUSS FREEMAN AND CHET BAKER』(以下『チェット・ベイカー=ラス・フリーマン・カルテット』)におけるチェット・ベイカーのトランペットが“異質”である。“らしくない”のである。  普段はふくよかな木管的な響きな ...

 “歌うトランペッター”としてのチェット・ベイカーが格別である。なぜならボーカルが独特であり,尚且つトランペットも独特な「唯一無二」なジャズそのものを演奏しているからである。  いいや,もう一つ書かなければならない。チェット・ベイカーのボーカルがトラン ...

 “歌うトランペッター”としてのチェット・ベイカーが格別である。なぜならボーカルが独特であり,尚且つトランペットも独特な「唯一無二」なジャズそのものを演奏しているからである。  いいや,もう一つ書かなければならない。チェット・ベイカーのボーカルがトラン ...

 アメリカはアン・アーバー大学におけるチェット・ベイカーの貴重なレギュラー・コンボ編成でのライブ盤が『JAZZ AT ANN ARBOR』(以下『ジャズ・アット・アン・アーバー』)。  「レコードとライブは別物」とよく評される。“天賦の才能の持ち主”ゆ ...

 管理人の持論であるが(と言ってもこれはMALTAの受け売りなのだが)音楽には,殊に管楽器は「人間性が音に出る」。  この持論は揺るがない。管理人個人の所有データと経験値をこれまで幾度となく試してきた。だから「人間性は音楽を裏切らない」し,その逆もしかり ...

 『CHET BAKER & CREW』の8曲目は【MEDIUM ROCK】(以下【ミディアム・ロック】)。  【ミディアム・ロック】の別名は【ミディアム・ソロ回し】である。ミディアム・テンポでの全員のソロ回しは,アドリブというよりもアレンジである。   ...

 『CHET BAKER & CREW』の7曲目は【WORRYING THE LIFE OUT OF ME】(以下【ウォリング・ザ・ライフ・アウト・オブ・ミー】)。  【ウォリング・ザ・ライフ・アウト・オブ・ミー】は,スタンダードをトランペットで歌い上げ ...

 『CHET BAKER & CREW』の6曲目は【LUCIUS LU】(以下【ルシアス・ルー】)。  【ルシアス・ルー】は,肩肘張らない“ほんわか”の名演であろう。ゆるゆるの“脱力系”かな?  あっ,誤解のないように! ゆるゆるはだるだるではありません ...

 『CHET BAKER & CREW』の5曲目は【SOMETHING FOR LIZA】(以下【サムシング・フォー・ライザ】)。  【サムシング・フォー・ライザ】は,ウエスト・コースト・ジャズの地を行く,イケイケなのにスマート? 実に楽しげな演奏である ...

 『CHET BAKER & CREW』の4曲目は【REVELATION】(以下【レヴェレーション】)。  【レヴェレーション】は,ハード・バップの黒リズムに絶品メロディ! “クセになる”ブルースである。  フィル・アーソのテナー・サックスが明るく響き ...

 『CHET BAKER & CREW』の3曲目は【HALEMA】(以下【ハレマ】)。  【ハレマ】は“朗々とした”聴かせる演奏に終始している。このソフトなハーモニーが絶品のテーマにベスト・マッチ。明るい哀愁の世界を構築している。  1分31秒からのフ ...

 『CHET BAKER & CREW』の2曲目は【SLIGHTLY ABOVE MODERATE】(以下【スライトリー・アバヴ・モデラート】)。  【スライトリー・アバヴ・モデラート】は,クール・ビューティな「氷の世界」! そこへ5人の“メロウな息吹” ...

 『CHET BAKER & CREW』の1曲目は【TO MICKEY’S MEMORY】(以下【トゥ・ミッキーズ・メモリー】)。  【トゥ・ミッキーズ・メモリー】は,ウエスト・コーストの人気者=ミッキーマウスへのメモリー。しばらくカリフォルニアを離れる ...

 チェット・ベイカーについて語ろうと思うと,どうしても“ジャズ以外の話題”が先攻してしまう。チェット・ベイカーの“生き様”抜きに,彼の魅力を語り尽くすことなどできやしない。  チェット・ベイカーの別名は「ジャズ界のジェームス・ディーン」! チェット・ベ ...

↑このページのトップヘ

Copyright (C) 2005-2023 アドリブログ All Rights Reserved.