アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ CD, DVD, ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

カテゴリ: CD批評:ア:綾戸 智絵

 『FOR ALL WE KNOW』の5曲目は【BRIDGE OVER TROUBLED WATER】)。  出た! 綾戸智絵の十八番! 【BRIDGE OVER TROUBLED WATER】での「ピアノの弾き語り」である。やっぱりジャズメンたるジャズ ...

 『FOR ALL WE KNOW』の6曲目は【ANGEL EYES】)。  【ANGEL EYES】は“ディープな低音”! これぞ綾戸智絵のマジック! 綾戸智絵に引っ張られ,全員が深い海の底で目にした“奇跡の”【ANGEL EYES】である。  綾戸 ...

 『FOR ALL WE KNOW』の1曲目は【I ONLY HAVE EYES FOR YOU】)。  【I ONLY HAVE EYES FOR YOU】を,一度で良いから無心で聴いてみてほしい。きっと“アドリブ至上主義”としてのジャズ観が変わるはず ...

 綾戸智絵である。彼女について何から語ったらよいのだろう。恐らく,綾戸は日本一有名なジャズ・ボーカリストであろう。  何と言ってもあの「しゃべり」である。あるいは乳ガンだとか国際結婚だとかシングル・マザーだとか親の介護だとか…。  しかしそれらは多分に ...

 3作目の『SEVEN』にしてようやく綾戸智絵がジョン・ビーズリーに身を委ねている。  『SEVEN』で綾戸智絵の“自我”が消えている。綾戸智絵の“哀しみ”が薄れている。めっちゃリラックスして歌を歌う行為を楽しんでいる。  『SEVEN』はいいアルバ ...

 『SHINE』がエレクトリック・サウンドなら『TIME』はアコースティック・サウンド! 外部プロデュース=ジョン・ビーズリー・サウンドが当たった!  綾戸智絵は確かにジャズ・ボーカルの枠を超えた“ザ・ボーカリスト”に違いないが『TIME』を聴くと,や ...

 管理人の中での変化として『SHINE』で,綾戸智絵への敷居が高まったかなぁ。  もう綾戸智絵の歌をベッドで横になりながらでは聞けない。身構えて拝聴せねば申し訳ない“緻密な音造り”へと変化している。  良い意味でも悪い意味でも「スタジオ盤」に仕上がって ...

 『TO YOU』は『MY LIFE』で完成した“綾戸サウンド”を捨て,ピアノと(時にギターと)そして自分自身とじっくり向き合う,弾き語りCD。  『TO YOU』での綾戸智絵は半端ない。聴いているだけで内面を深くえぐられていく。こうしていつまでも管理 ...

 『MY LIFE』において,綾戸智絵念願の“綾戸サウンド”が完成した。完全なるバンド・サウンドである。  ポップスの名曲をずらりと並べた『MY LIFE』は,もはやジャズ・ボーカル・アルバムではない。「ジス・イズ・綾戸戸智絵サウンド」と呼ぶべきである ...

 綾戸智絵はジャズ・ボーカリストである前に,超一流のエンターテイナーである。そんな綾戸智絵がビッグ・バンドと共演したら…。  『LIVE!・II』における綾戸智絵はまるで“水を得た魚”である。楽しい・楽しい・楽しい・ライブ。  綾戸智絵の歌がいい。トー ...

 ジャズ・ボーカルなのだから,アレンジ云々は邪道であろうが『NATURAL』の印象が薄いのは“こじんまりした”アレンジにあるのでは?  やっぱり陽気でサービス精神満点な綾戸智絵は大編成との化学反応が一番である。  逆に言えばバックが静かな分,綾戸智絵の ...

 『FRIENDS』の聴き所は“綾戸バンド”と化した,綾戸智絵とフレンズたちとのコラボレーション!  バラエティに富んだ楽曲にして,このまとまり感! 全ては綾戸智絵の“求心力”にある!  …と『FRIENDS』には,ジャズ・ボーカルの“イロハ”を語りた ...

 『LIFE』は,有名ジャズ・スタンダードを中心に,ビリー・ジョエル,キャロル・キング,SMAP,ビートルズ等の代表曲を,ピアノの弾き語りをゴスペル・タッチで仕上げた名盤。  【テネシー・ワルツ】も入っているし,リズム隊とのバランスも良い。“聴き所満載 ...

↑このページのトップヘ