アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ CD, DVD, ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

カテゴリ:CD批評 > テ:寺井 尚子

 『LIMELITE』(以下『ライムライト』)を聴いて強く感じることがある。  それは『ジェラシー』以降で変貌した“ギターレス”寺井尚子カルテットの「大人の音」。  “イケイケの尚子さま〜”も今や昔。『ジェラシー』以降のアダルト路線は,よりエッセンシャ ...

 『ドリームダンシング』で決心した,寺井尚子の極意「トラック買い」。  『ADAGIO』(以下『アダージョ』)のお目当ては【サムタイム・アゴー〜ラ・フィエスタ】。【ホワット・ゲーム・シャル・ウィ・プレイ・トゥデイ】に続く『リターン・トゥ・フォーエヴァー ...

 『ドリームダンシング』で決心した,寺井尚子の極意「トラック買い」。  『PETITE FLEUR〜AMAPOLA』(以下『小さな花〜アマポーラ』)のお目当ては【マイ・フェイヴァリット・シングス】。  ジョン・コルトレーンの名演が有名すぎる【マイ・フェ ...

 『ドリームダンシング』で決心した,寺井尚子の極意「トラック買い」。  『JEALOUSY』(以下『ジェラシー』)のお目当ては,ジョン・コルトレーンの【アフロ・ブルー】とチック・コリアの【ホワット・ゲーム・シャル・ウィ・プレイ・トゥデイ】。  【アフ ...

 『ドリームダンシング』で決心した,寺井尚子の極意「トラック買い」。  『NIGHT FLIGHT』(以下『夜間飛行』)のお目当ては,ウェザー・リポートの【バードランド】。  もしや寺井尚子の「一人五役?」も予想したが【バードランド】での寺井尚子はウェ ...

 前作『ジャズ・ワルツ』で,J−ジャズの頂点へと登りつめた寺井尚子。続く本作『DREAMDANCING』(以下『ドリームダンシング』)は,大ヒットした『ジャズ・ワルツ』の2匹目のドジョウ(『ジャズ・ワルツ』も『アンセム』の2匹目のドジョウだったけどね)。 ...

 前作『アンセム』で,ジャズ・スピリッツから離れることを決断した寺井尚子。続く本作『JAZZ WALTZ』(以下『ジャズ・ワルツ』)も,東芝EMIの描く「大衆迎合路線」の拡大作となった。  人気のポピュラー・ソングと北島直樹の名曲を“脱”ジャズ・ヴァイ ...

 寺井尚子の音楽性は東芝EMIへ移籍して,俄然,成熟した。それはより“密な”バンド・サウンド指向である。  そう。ピアノの北島直樹,ギターの細野義彦,ベースのジャンボ小野,ドラムの中沢剛による“NEW”寺井尚子・バンド=寺井尚子クインテットの始動である ...

 『ALL FOR YOU』(以下『オール・フォー・ユー』)こそ,寺井尚子の最高傑作である。  出来としては『オール・フォー・ユー』以上に,EMIレーベル移籍後の諸作に軍配が上がる。しかし『オール・フォー・ユー』が感じる“サムシング”を“綺麗な”演奏の ...

 寺井尚子のレコーディングは基本ワン・テイクの一発録り。それは演奏の生気を失わないためだと語っている。  しかし,その後のミックス・ダウンなのかマスタリングなのかしらないが,肝心の生気が奪われていく。“綺麗な”演奏へと修正されていくように思えるのだ。 ...

 寺井尚子唯一のフュージョン作。それが『PRINCESS T』(以下『プリンセスT』)である。  『プリンセスT』は,フュージョン・ギターのスーパー・スター=リー・リトナー・プロデュース。寺井尚子が一気に華やいで聞こえる。上質なジャズ・ヴァイオリンとL ...

 『THINKING OF YOU』が“男勝りな”寺井尚子なら『PURE MOMENT』(以下『ピュア・モーメント』)は“女盛りな”寺井尚子。  硬派から軟派へ…。『ピュア・モーメント』は,肩肘張らない,しかし芯の強さは変わらない,寺井尚子本来のしなや ...

 寺井尚子は“遅咲きの”ジャズメンである。20歳でプロになりCDデビューまで10数年のセッション活動。矢野沙織や寺久保エレナの“早熟”女子高生ジャズメンとは完成度が異なる。  “未完の大器”を応援してファンみんなで育て上げるのが好みなのだが,いつまでも青 ...

 『BEST』の9曲目は【STOLEN MOMENTS】(以下【ストールン・モーメンツ】)。  寺井尚子の【ストールン・モーメンツ】は,同トラック数ある名演の中でも“ダントツ”のカッコよさ!  オリバー・ネルソンの作曲のイメージに,寺井尚子のヴァイオリン ...

 『BEST』の1曲目は【LIBERTANGO】(以下【リベルタンゴ】)。  寺井尚子のタンゴが凄い! このノリと気迫が寺井尚子の真骨頂である。  【リベルタンゴ】の売りは,アコーディオンの名手=リシャール・ガリアーノと寺井尚子の共演にある。共演のセオリ ...

 『BEST』の6曲目は【PURE MOMENT】(以下【ピュア・モーメント】)。  【ピュア・モーメント】の美しさは,ヴァイオリンでないと表現できない,という批評はまっとうである。しかし【ピュア・モーメント】の真実は「寺井尚子でなければ表現できない」で ...

 『BEST』の7曲目は【FIRST LOVE】(以下【ファースト・ラヴ】)。  宇多田ヒカルの名曲【ファースト・ラヴ】は,原曲も好きだったし,サンボーン・フリークとしては【FIRST LOVE(フィーチャリング・デヴィッド・サンボーン) 】まである。ウソ偽 ...

 管理人は寺井尚子に感謝している。正直,寺井尚子に何度も救われてきた。  管理人はジャズを拝聴する。たとえライトなフュージョンであってもBGMとして「流し聞き」するのが苦手である。それで時に問題が生じる。ジャズ好きとしては情けない話だが,黒々ハード・バッ ...

↑このページのトップヘ