アドリブをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

ジャズ/フュージョン批評ブログ CDレビュー 名盤ガイド:CD, DVD, ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

カテゴリ: CD批評:オ:小沼 ようすけ

 “衝撃”の『JAM KA』から6年。続編となる『JAM KA DEUX』(以下『ジャム・カ・ドゥ』)は,従来の小沼ようすけのギター・サウンドだけではなく,あの『JAM KA』からも遠く離れてしまっている。  小沼ようすけは,一体どこまで走り続けるつもり ...

 小沼ようすけの新作が届けられる度に,管理人はいつでも『NU JAZZ』の“残像”を追い続けていたように思える。  だから小沼ようすけのジャズ・ギターが,どれ程進歩しようとも「まだまだだ」と引っ掛かってばかりいた。どうしても,心のどこかで忘れられない“ ...

 『THE THREE PRIMARY COLORS』で,管理人の大好きな小沼ようすけが帰ってきた!  『THE THREE PRIMARY COLORS』は“今をときめく”ベース=リチャード・ボナ,ドラム=アリ・ホーニッグとのギター・トリオ!  赤の小沼 ...

 1曲目の【INTRODUCTION】でフェードインし,10曲目【MALIBU −MEMORY OF BEAUTIFUL DAYS−】でフェードアウトする波の音…。  そう。『BEAUTIFUL DAY』(以下『ビューティフル・デイ』)のコンセプトは「海 ...

 『JAZZ’N’POP』は“POP”というタイトルが表わす,打ち込み主体のポップ・インスト。  『JAZZ’N’POP』のこの面子。キーボードの笹路正徳,ベースの高水健司,ドラムの山木秀夫。ここへギターでリーダーの小沼ようすけ。  勘の良い方なら,小沼よ ...

 小沼ようすけが『SUMMER MADNESS』で色を付けてきた。“ジャズ・ギタリスト”小沼ようすけを押し出してきた。ブルース・ラインのケニー・バレル系である。  『SUMMER MADNESS』でも,オリジナル以外に,クール&ザ・ギャング,アイズレー・ ...

 『NU JAZZ』は,J−ジャズ界に,いや,世界のトップ・ジャズ・ギタリストとして“彗星の如く現れた”ニュー・スター=小沼ようすけのデビューCD。  ジャズ・ギタリストなのに,いや,デビューCDなのに,イントロから金子雄太のハモンドB−3で“ガンガン”攻 ...

『3,2 & 1 DISC 2』の5曲目は【OLEO】。  【OLEO】のソロ・ギター・カヴァーでの「常套手段」である,メロディー・ラインとベース・ラインの「超絶・同時弾き」を披露してくれているのだが,いかんせん,小沼ようすけは「ものが違う」。  余りに ...

『3,2 & 1 DISC 2』の4曲目は【MOON RIVER】。  【MOON RIVER】のオーソドックスな演奏がたまらなく好き!  美しいものは美しく奏でる。これがジャズ界の流儀なのだが,小沼ようすけの【MOON RIVER】は寺島靖国が絶対に好き ...

『3,2 & 1 DISC 2』の3曲目は【OVER THE RAINBOW】。  ソロ・ギターだと苦労するであろう【OVER THE RAINBOW】での小沼ようすけの間の取り方が最高に素晴らしい。  聴き慣れた【OVER THE RAINBOW】の美 ...

『3,2 & 1 DISC 1』の13曲目は【TRISTEZA】。  小沼ようすけの“技あり”のソロ・ギターが最高に炸裂するのが【TRISTEZA】。  【TRISTEZA】のチャーミングなメロディーを歌わせながらも,専ら低音部と和音を絡ませている。繰り ...

『3,2 & 1 DISC 1』の9曲目は【WHAT CHA’ GONNA DO FOR ME】。  チャカ・カーンの名曲【WHAT CHA’ GONNA DO FOR ME】をソロ・ギターで演奏しているのだが,小沼ようすけの【WHAT CHA’ GON ...

『3,2 & 1 DISC 1』の7曲目は【SPAIN】。  この手があったか! ソロ・ギターだから1本という先入観を打ち破る「一人三役」のオーヴァーダブによる【SPAIN】が素晴らしい。  3人の個性の異なる小沼ようすけの共演は「1人・スーパー・ギター・ ...

『3,2 & 1 DISC 1』の6曲目は【I LOVE YOU】。  小曽根真にこの手の演奏はあることはあるが,それはオリジナル曲でのこと。コール・ポーターのジャズ・スタンダードの【I LOVE YOU】が,こんなにも陽気なアレンジで演奏されるとは思わ ...

『3,2 & 1 DISC 1』の2曲目は【SILVER AND ORANGE】。  正直,これまではワイルド,主にオルガン系統と共演してきた小沼ようすけのデュエットの相手が“正統派”ジャズ・ピアニストの小曽根真と聞いて,正直,驚いた。小沼ようすけの共演 ...

『3,2 & 1 DISC 1』の1曲目は【GROOVE ME】。  【GROOVE ME】から伝わってくる,広々とした「音空間」。これぞ,ギター・トリオ最大の醍醐味である。  終始全力でイカズにゆったりとした演奏であるが,互いの音を聴き逃すまいと,一音 ...

 『3,2 & 1』を一聴して,久しぶりに興奮した日のことを思い出す。  熱狂とは違う。これは憧れである。何というリラクゼーション。全てを忘れて“うっとりと”聴き惚れてしまったのである。  アルバム・タイトル=『3,2 & 1』とは,ジャッキー・マクリーン ...

↑このページのトップヘ

Copyright (C) 2005-2024 アドリブログ All Rights Reserved.