アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ CD, DVD, ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

カテゴリ:CD批評 > オ:小沼 ようすけ

 “衝撃”の『JAM KA』から6年。続編となる『JAM KA DEUX』(以下『ジャム・カ・ドゥ』)は,従来の小沼ようすけのギター・サウンドだけではなく,あの『JAM KA』からも遠く離れてしまっている。  小沼ようすけは,一体どこまで走り続けるつもり ...

 小沼ようすけの新作が届けられる度に,管理人はいつでも『NU JAZZ』の“残像”を追い続けていたように思える。  だから小沼ようすけのジャズ・ギターが,どれ程進歩しようとも「まだまだだ」と引っ掛かってばかりいた。どうしても,心のどこかで忘れられない“ ...

 『3, 2 & 1』を一聴して,久しぶりに興奮した日のことを思い出す。  熱狂とは違う。これは憧れである。何というリラクゼーション。全てを忘れて“うっとりと”聴き惚れてしまったのである。  CDタイトル=『3, 2 & 1』とは,ジャッキー・マクリー ...

 1曲目の【INTRODUCTION】でフェードインし,10曲目【MALIBU −MEMORY OF BEAUTIFUL DAYS−】でフェードアウトする波の音…。  そう。『BEAUTIFUL DAY』(以下『ビューティフル・デイ』)のコンセプトは「海 ...

 『THE THREE PRIMARY COLORS』で,管理人の大好きな小沼ようすけが帰ってきた!  『THE THREE PRIMARY COLORS』は“今をときめく”ベース=リチャード・ボナ,ドラム=アリ・ホーニッグとのギター・トリオ!  赤の ...

 『JAZZ’N’POP』は“POP”というタイトルが表わす,打ち込み主体のポップ・インスト。  『JAZZ’N’POP』のこの面子。キーボードの笹路正徳,ベースの高水健司,ドラムの山木秀夫。ここへギターでリーダーの小沼ようすけ。  勘の良い方なら,小 ...

 小沼ようすけが『SUMMER MADNESS』で色を付けてきた。“ジャズ・ギタリスト”小沼ようすけを押し出してきた。ブルース・ラインのケニー・バレル系である。  『SUMMER MADNESS』でも,オリジナル以外に,クール&ザ・ギャング,アイズレー ...

 『NU JAZZ』は,J−ジャズ界に,いや,世界のトップ・ジャズ・ギタリストとして“彗星の如く現れた”ニュー・スター=小沼ようすけのデビューCD。  ジャズ・ギタリストなのに,いや,デビューCDなのに,イントロから金子雄太のハモンドB−3で“ガンガン” ...

↑このページのトップヘ