アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ CD, DVD, ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

カテゴリ: CD批評:B:ビル・フリゼール

 『NASHVILLE』は最高だったのになぁ…。  これが『NASHVILLE』の続編である『GOOD DOG,HAPPY MAN』(以下『グッド・ドッグ,ハッピー・マン』)を聴いた後の正直な感想であった。  『NASHVILLE』で,アメリカン・カン ...

 『ナッシュビル』こそビル・フリゼールの“転換点”にして“最重要作品”。  ビル・フリゼールを批評するつもりなら,必ずや『NASHVILLE』以前と『NASHVILLE』(以下『ナッシュビル』)以後について語らねばならない。『ナッシュビル』は,本気でビル ...

 『イン・ライン』が“静”の代表作であるならば『BEFORE WE WERE BORN』(以下『ビフォア・ウィ・ワー・ボーン』)は“動”の代表作。  『ビフォア・ウィ・ワー・ボーン』でのビル・フリゼールは,これでもかって言うくらいにジャズ・ギターを弾きま ...

 “鬼才”ビル・フリゼールが結成した自己名義のバンド=「ビル・フリゼール・バンド」のデビュー盤『LOOKOUT FOR HOPE』(以下『ルックアウト・フォー・ホープ』)。  予想通り=期待通りに『ルックアウト・フォー・ホープ』でもビル・フリゼールの“ ...

 自称「ジム・ホールのノートのジミ・ヘンドリクスのサウンドを持つギタリスト」=ビル・フリゼール。  いや,ウソである。ビル・フリゼールのジャズ・ギターには,確かにジム・ホールやジミ・ヘンドリクスの香りもするが,基本はウェス・モンゴメリーの系譜に位置して ...

↑このページのトップヘ

Copyright (C) 2005-2023 アドリブログ All Rights Reserved.