アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ CD, DVD, ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

カテゴリ: CD批評:C:キャノンボール・アダレイ

 ズバリ『MERCY,MERCY,MERCY!』(以下『マーシー・マーシー・マーシー』)の真実は“ファンキー”キャノンボールであり“ファンクの御用商人”キャノンボールであり“オーバー・ファンク”である。  ゆえに管理人は『マーシー・マーシー・マーシー』 ...

 “ファンキー”キャノンボールの代表作『THEM DIRTY BLUES』(以下『ゼム・ダーティ・ブルース』)。  しかし『ゼム・ダーティ・ブルース』の魅力を“ファンキー”の一言で表現するのは勿体ない! 『ゼム・ダーティ・ブルース』の魅力は“ファンキー” ...

 「根明」なキャノンボール・アダレイと「根暗」なビル・エヴァンス…。  「ソウルフル」なキャノンボール・アダレイと「ファンタスティック」なビル・エヴァンス…。  「ファンキー」なキャノンボール・アダレイと「リリカル」なビル・エヴァンス…。  そう。正反 ...

 『PARKER’S MOOD〜LIVE IN NEW YORK』における共演で,あのジミー・コブが矢野沙織を「日本のキャノンボール・アダレイ」と称した時に,管理人の脳裏に真っ先に思い浮かんだキャノンボール・アダレイの演奏が『CANNONBALL ADD ...

 『THE CANNONBALL ADDERLEY QUINTET IN SAN FRANCISCO』(以下『キャノンボール・アダレイ・イン・サンフランシスコ』)の聴き所は,マイルス・デイビス化したキャノンボール・アダレイの“ファンキー”である。  『 ...

 今夜の『SOMETHIN’ ELSE』(以下『サムシン・エルス』)批評は「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」との連動記事ではないことをあらかじめお断りさせていただきます。  マジで偶然の巡り会わせ(現在アルファベット ...

↑このページのトップヘ

Copyright (C) 2005-2023 アドリブログ All Rights Reserved.