アドリブをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

ジャズ/フュージョン批評ブログ CDレビュー 名盤ガイド:CD, DVD, ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

カテゴリ: CD批評:シ:JIMSAKU

 『MEGA db』と来れば“ドラムンベース”が代名詞。当時流行していたドラムンベースを「生でやったらどうなるか」をコンセプトにしてサンプリングやシーケンサも大胆に使用したクラブ・サウンドが代名詞。  しかし『MEGA db』を聴いて感じたのは“流行の ...

 『BLAZE OF PASSION』(以下『ブレイズ・オブ・パッション』)は“縮小傾向”が続いていたラテン・フュージョンの「終焉」を宣言した実験作。  本当に「終焉」したのかどうかは『DISPENSATION』と『MEGA db』を聴いて初めて分かっ ...

 前作『WIND LOVES US』より「トレードマーク」であったラテン・フュージョンの“縮小”キャンペーンを始めた「中期」ジンサクの名盤が『NAVEL』(以下『ネイブル』)である。  いいや,これでは過小評価だ。『ネイブル』こそジンサクの“裏”名盤。こ ...

 『WIND LOVES US』(以下『ウインド・ラブズ・アス』)を皮切りに『NAVEL』『BLAZE OF PASSION』と続く「中期」ジンサク3部作の特徴は“淡々しい”ラテン・フュージョン。  では“濃厚”ラテン・フュージョンの追求はやめて「中期 ...

 “ジンサク絶頂期”のライブ盤『VIVA!』の評価は星4つ。何とも惜しい星4つ。  星4つにした理由は決まっているではないか! だってジンサクのライブ盤だというのに櫻井哲夫のベース・ソロと神保彰のドラム・ソロが削られているではないか!  え? これって ...

 付け焼刃で見切り発車だったデビュー・アルバム『JIMSAKU』は置いといて,メンバーの固定化でジンサク独自のアイデンティテイが確立された『45℃(FORTY−FIVE DEGREES)』〜『JADE』で,カシオペア本体と肩を並べた“ジンサク絶頂期”のラ ...

 『JADE』(以下『ジェード』)は『45℃(FORTY−FIVE DEGREES)』の“延長線上”にある名盤である。  『ジェード』の魅力は「ジンサク・サウンドの整理整頓」。『ジェード』でジンサクの目指すラテン・フュージョンが確立されたと言える。   ...

 ジンサクのデビューCD『JIMSAKU』は,ラテン・フュージョンには違いないが,アンデス山脈における「コンドルは飛んでいく♪」的な“涼しい高冷地”でのラテン・フュージョン。  やっぱりラテン・フュージョンと来れば松岡直也や熱帯JAZZ楽団のような“灼熱 ...

 管理人は黄金期のカシオペアなら野呂・向谷派ではなく,櫻井・神保のジンサク派である。  しかし,だからといってジンサク名義のアルバムが好きかというとそうでもない。アルバム単位で比較するならジンサクよりもカシオペアの方が好みである。  要はカシオペア黄金の ...

『DISPENSATION』の9曲目は【SUPER JINGLE Ⅳ BATTLE ROYAL】。  『DISPENSATION』には【SUPER JINGLE〜】と題されたジンサク2人だけで演奏する5曲のジングルが入っている。これが凄い!  ジンサクの“ ...

『DISPENSATION』の8曲目は【ISLAND】。  【ISLAND】がジンサクの“最高傑作”である。とにかく爽やかでHAPPYで聴いているだけで幸せになる。こんな曲はそうそうないと思う。  イントロの2秒間のシンバルの後で一瞬溜めた後で,一斉に鳴 ...

『DISPENSATION』の7曲目は【SUPER JINGLE Ⅲ EMERGENCY REPORT】。  『DISPENSATION』には【SUPER JINGLE〜】と題されたジンサク2人だけで演奏する5曲のジングルが入っている。これが凄い!  ジン ...

『DISPENSATION』の6曲目は【渋谷PILON】。  神保彰作曲による,神保彰大絶賛で自画自賛な【渋谷PILON】のハイライトは「お祭り集団」アガルタのコーラス・ワークであろう。  アガルタとは角松敏生が長万部太郎の名前で活動した長野オリンピック ...

『DISPENSATION』の3曲目は【MAKE MY TIME】。  伊藤恵子名義でもなく角松敏生名義でもなくジンサク名義でシングル・カットされたのが【MAKE MY TIME】である(ちなみに昔で言うB面のカップリングは【HARBOR FWY】)。 ...

『DISPENSATION』の2曲目は【DISPENSATION】。  角松フュージョンを象徴する,伊藤恵子の「1人多重録音」がド派手なヴォーカル・チューンの【DISPENSATION】だが,意外にも【DISPENSATION】の作曲は櫻井哲夫である。   ...

『DISPENSATION』の1曲目は【SUPER JINGLE I CHASE THE CRIMINAL】。  『DISPENSATION』には【SUPER JINGLE〜】と題されたジンサク2人だけで演奏する5曲のジングルが入っている。これが凄い!   ...

 『DISPENSATION』は,フュージョンではない。インストではない。本来のジンサクのアルバムではない。  そのような批判があることを全て承知の上でここに宣言する。管理人は『DISPENSATION』が大好きだ。『DISPENSATION』がジンサクの ...

↑このページのトップヘ

Copyright (C) 2005-2024 アドリブログ All Rights Reserved.