アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ CD, DVD, ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

カテゴリ: CD批評:エリック・アレキサンダー

 管理人はハロルド・メイバーンが大好きでエリック・アレキサンダー絡み以外でもハロルド・メイバーンのソロ・アルバムも結構な枚数所有している。 ← ってハロルド・メイバーンのピアノを一番聴いたのは矢野沙織ちゃんのアルバムで〜す。  そんなハロルド・メイバーン ...

 『CHIM CHIM CHEREE〜TRIBUTE TO JOHN COLTRANE』(以下『チム・チム・チェリー〜トリビュート・トゥー・ジョン・コルトレーン』)とは,エリック・アレキサンダーによる「ジョン・コルトレーン・トリビュート」。  エリック・ ...

 管理人の選ぶジョン・コルトレーンの愛聴盤は『バラード』である。「シーツ・オブ・サウンド」よろしく,アグレッシヴな演奏こそがジョン・コルトレーンの真骨頂だと認めたうえでの『バラード』である。  『バラード』には,他のアルバム10枚分の魅力がある。代えのきか ...

 『SUNDAY IN NEW YORK』(以下『ニューヨークの休日』)こそがエリック・アレキサンダーの“最高傑作”である。  管理人がエリック・アレキサンダーを愛する理由は,とにかく豪快に「男気テナー」を吹きまくるテクニシャンにして,音楽が生き生きと躍 ...

 『NIGHTLIFE IN TOKYO』(以下『ナイトライフ・イン・トーキョー』)の主役はロン・カーターのベースである。  エリック・アレキサンダーの出来は最高である。しかし悔しいかな,それ以上にロン・カーターの音楽の拍動が聴こえてくる。  『ナイトライ ...

 破竹の快進撃を続けるエリック・アレキサンダーの2管編成クインテット『SUMMIT MEETING』(以下『サミット・ミーティング』)のキーワードは“安定と洗練”である。  トランペットのニコラス・ペイトンを迎えて繰り広げられたユニゾンとバトルが,胸のす ...

 エリック・アレキサンダーの快進撃は『THE SECOND MILESTONE』(以下『ザ・セカンド・マイルストーン』)から始まった。管理人はそう断言しよう。  デビュー以降のエリック・アレキサンダーの特長とは,難フレーズでもとにかく豪快に吹き切る,無敵 ...

 エリック・アレキサンダーが特に素晴らしいのは,エリック・アレキサンダーと同じくジョン・コルトレーンを信奉しているテナー・サックスの大物,マイケル・ブレッカーとブランフォード・マルサリスの影響をものともしない,自分の信じる「テナー・タイタン」の姿を追いか ...

 ジョシュア・レッドマンが“神童”であればエリック・アレキサンダーは“新星”である。  ジョシュア・レッドマンにはカリスマ性を感じるが,エリック・アレキサンダーには「期待の新人」を強く感じる。  管理人がそう思うのは多分に,エリック・アレキサンダーのデビュ ...

↑このページのトップヘ