アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ CD, DVD, ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

カテゴリ: CD批評:キ:菊地 雅章,KOCHI,TETHERED MOON

 菊地雅章の“電化マイルス”大接近と来れば1981年の『SUSUTO』と1982年の『ONE WAY TRAVELLER』と思われているが,実はその5年前に,それこそ正規“電化マイルス”のサイドメンたちと,トランペッターをマイルス・デイビスから日野皓正に ...

 クルト・ワイルという作曲家など良く知らない。だからテザード・ムーンによる「クルト・ワイル集」『PLAY KURT WEILL』(以下『プレイ・クルト・ワイル』)の,どこがどう凄いかはうまく説明できない。  ただこれだけは言える。『プレイ・クルト・ワイル』 ...

 管理人のジャズ人生。キース・ジャレット・トリオを選ばなかったなら「テザード・ムーン」を選んでいたのかもしれない。  それくらい大好きな「テザード・ムーン」の『EXPERIENCING TOSCA』(以下『エクスピリエンシング・トスカ』)が難解である。   ...

 『トライングル』でキース・ジャレット・トリオに“肩を並べた”菊地雅章の「テザード・ムーン」が『FIRST MEETING』(以下『ファースト・ミーティング』)でキース・ジャレット・トリオを見事に超えてしまっている。  超キース・ジャレット・フリークな管 ...

 「キース・ジャレット三昧」のお正月を送ったせいだと思う。  無性に菊地雅章のテザード・ムーンが聴きたくなって,ここのところ毎日聴いている。  キース・ジャレットと菊地雅章。管理人はキース・ジャレットのジャズ・ピアノを聴いているとなぜだか菊地雅章を連想して ...

↑このページのトップヘ

Copyright (C) 2005-2023 アドリブログ All Rights Reserved.