アドリブをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

ジャズ/フュージョン批評ブログ CDレビュー 名盤ガイド:CD, DVD, ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

カテゴリ: CD批評:S:スタンリー・ジョーダン

『MAGIC TOUCH』の6曲目は【ANGEL】(以下【エンジェル】)。  “ジャズ・ギターの申し子”であるかのようなスタンリー・ジョーダンが,イメージとしては対極にあるであろうジミ・ヘンドリックスのカヴァーですよ。  管理人はジミ・ヘンドリックスにつ ...

『MAGIC TOUCH』の4曲目は【ALL THE CHILDREN】(以下【オール・ザ・チルドレン】)。  スタンリー・ジョーダンのオリジナル曲【オール・ザ・チルドレン】のメロディーが愛らしくて大好きな1曲。  【オール・ザ・チルドレン】の存在が,スタ ...

『MAGIC TOUCH』の2曲目は【FREDDIE FREELOADER】(以下【フレディ・フリーローダー】)。  【フレディ・フリーローダー】は,ベースのチャーネット・モフェットとドラムのピーター・アースキンの「重鎮」と組んだスインギーなギター・トリ ...

『MAGIC TOUCH』の1曲目は【ELEANOR RIGBY】(以下【エリナー・リグビー】)。  ビートルズの【エリナー・リグビー】を1曲目に持ってきた理由は,1にサミー・フィゲロアとのデュオにすることで立体的な陰影が浮かび,ソロ・ギター以上にスタン ...

 1985年当時のこと,ギターのタッピング奏法と言えば,エドワード・ヴァンヘイレンのライトハンドの一強であったが,スタンリー・ジョーダンの『MAGIC TOUCH』(以下『マジック・タッチ』)が世に出てから1年も経たないうちに,ギターのタッピング奏法と言 ...

↑このページのトップヘ

Copyright (C) 2005-2024 アドリブログ All Rights Reserved.