アドリブをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

ジャズ/フュージョン批評ブログ CDレビュー 名盤ガイド:CD, DVD, ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

タグ:FUMIOITABASHI

『MANA』の5曲目は【MANA】(以下【マナ】)。  【マナ】を聴いていると,意識的に聞いているつもりがないとしても,森山威男のドラムの「轟音」の“地鳴り”や“地響き”を感じると思う。  これって身体で音圧を感じるという意味ではない。読者の皆さんの中に ...

『MANA』の4曲目は【EXCHANGE】(以下【エクスチェンジ】)。  【エクスチェンジ】が『MANA』のハイライト。  オーソドックス形式のフリー・ジャズであるが,フォーマット通りのタイム感で演奏しながら,ここまでぶっ飛ぶことができるとは信じ難い演奏で ...

『MANA』の3曲目は【BARJO】(以下【バルジョ】)。  (実際にそうかは知らないが)森山威男のライブで会場から手拍子が起こるのは【バルジョ】ぐらいのものだろう。  いい雰囲気,すなわち熱気プンプンの熱い演奏である。フリー・ジャズには,分かりやすいメ ...

『MANA』の2曲目は【DR.FUJII】(以下【ドクター・フジイ】)。  【ドクター・フジイ】の演奏は物凄い。しかし,どう聴いても森山威男が80%の力で余裕しゃくしゃくドラミングを楽しんでいる印象の,垂れ流しセッション・ナンバー。  キャッチーでリズミ ...

『MANA』の1曲目は【SUNRISE】(以下【サンライズ】)。  【サンライズ】は,のっけからフルスロットルで印象的なテーマを猛プッシュする森山威男と共演メンバーが激しくぶつかり合っては爆発的なエネルギーを放出している。  井上淑彦のソプラノ・サックス ...

 「ドンシャリ」を1人で担う森山威男こそが,神保彰に代表されるテクニシャン勢を押しのけて,J−ジャズ界の「第一人者」だと思っている。  森山威男の何がそんなに凄いのか? それは「桁外れで無尽蔵のパワー」である。まるで重戦車が全速力で驀進しているような趣き ...

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。  『ジャズに名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーテ ...

『THE MIX DYNAMITE YU』の9曲目は【GOSPEL ’94】(以下【ゴスペル’94】)。  最初は本物のゴスペルのカヴァー曲かと思ってしまうくらいに,歌い上げ系の【ゴスペル’94】。  板橋文夫「渾身」のバラード演奏の前半で終われば,ピア ...

『THE MIX DYNAMITE YU』の7曲目は【KANPYOO】(以下【かんぴょう】)。  個人的に【かんぴょう】は片山広明によるNHK「みんなのうた」っぽいイメージが摺り込まれている。  ズッチャッ,ズッチャッ♪でテンポが倍速になるキャッチー・ナン ...

『THE MIX DYNAMITE YU』の6曲目は【TUKI−NO−WA】(以下【月の輪】)。  内省的でドラマティックな【月のリング】的な前半部と,爆発して制御不能になる【ツキノワグマ】が合体したような【月の輪】は,片山広明のオンステージである。   ...

『THE MIX DYNAMITE YU』の2曲目は【KAMINARIMON】(以下【雷門】)。  【かごめかごめ】のテーマをモジった【雷門】は「グリム童話」のような,恐ーいオチが付いてくる。それって即ち片山広明の「おどろおどろしい」テナー・サックスの登 ...

『THE MIX DYNAMITE YU』の1曲目は【DAH DAH DAH】(以下【ダダダッ】)。  【ダダダッ】は片山広明がテナー・サックスで「ダダダッダダダッダダダ,ダダッダダッダ〜ン」っと遊んでいるだけなのに,そこに板橋文夫のピアノがアクセントを ...

 管理人にとって板橋文夫は「近くて遠い」存在である。  その「近い」の真意とは,板橋文夫は管理人の愛する片山広明の盟友であり,板橋文夫は渡辺貞夫,日野皓正,森山威男のレギュラー・ピアニストの歴任者。エルヴィン・ジョーンズとも共演している“世界の板橋文夫” ...

『QUATRE』の3曲目は【MARCH】(以下【マーチ】)。  【マーチ】とは行進曲のイメージ? どことなく軍隊っぽい感じでアルバート・アイラーがかっているが,テナーのロングトーンが多いので非常に聴きやすい1曲。  井野信義のアルコに呼応する芳垣安洋のマ ...

『QUATRE』の2曲目は【SOUS LE CIEL DE PARIS】(以下【パリの空の下】)。  テーマ部以外ではシャンソンの名曲【パリの空の下】と識別不能な,お洒落の雰囲気などカケラもないド・ジャズ入魂の1曲であって,ベースとドラムの担当はリズムで ...

『QUATRE』の1曲目は【FOR YOU】(以下【フォー・ユー】)。  『キャトル』のハイライトは何と!1曲目に持ってきた名バラードの【フォー・ユー】である。  板橋文夫の美しいピアノのイントロだけで全身が持って行かれるが,そこに太く暖かく鋭いテナー・サ ...

 片山広明のテナー・サックスは,深読みとか安易な決めつけを許さない奥の深さがあって「片山広明ってこんな感じだよね」と思っていると,あっさり裏切られたりする。  ピアノレス・バンドを率いてきた片山広明が,初めてピアニストを擁した「キャトル・バンド」がそうだ ...

↑このページのトップヘ

Copyright (C) 2005-2024 アドリブログ All Rights Reserved.