アドリブをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

ジャズ/フュージョン批評ブログ CDレビュー 名盤ガイド:CD, DVD, ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

タグ:LEWISNASH

『SARA SMILE』の5曲目は【I’VE GOT IT】。  【I’VE GOT IT】は,キャッチーなメロディーと実直な演奏力が共存する“ザ・市原ひかり”な名演である。  ブルージーなメジャー調のテーマが端正に演奏されていくが,ビートの効いたリズム ...

『SARA SMILE』の4曲目は【IT COULD HAPPEN TO YOU】。  【IT COULD HAPPEN TO YOU】は“豪奢な”名演である。バックで“暴れ回る”ピアノ・トリオの前面でフリューゲル・ホーン・ソロを奏でる市原ひかりは“スタ ...

『SARA SMILE』の3曲目は【BLUE PRELUDE】。  【BLUE PRELUDE】は,真夜中への行進曲! 市原ひかりとドミニク・ファリナッチが【BLUE】へと誘う【PRELUDE】!  元来はビング・グロスビーの歌ものであるが,管理人にとって ...

『SARA SMILE』の2曲目は【FRAGILE】。  【FRAGILE】で,スティングがスイング!? 切ないバラードにもかかわらず,グイグイ迫る緊張感。身も心も躍ってしまう。  市原ひかりのフリューゲル・ホーンに“重み”が足りないのはご愛敬。しかし, ...

『SARA SMILE』の1曲目は【CLEOPATRA’S DREAM】。  市原ひかりの【CLEOPATRA’S DREAM】は若干スロー。リズムがスイングしていることから,これは丁寧に2管フロントを聴かせる“演出”なのだろう。バド・パウエル風のアダム ...

 “帝王”マイルス・デイビスがミュートを自身の演奏の中心に据えたのには訳がある。言うなれば「禍転じて福と成す」! ミュートが生み出す“抑制されたリリシズム”は前向きの理由ではなく後向き=生き残るスベであった。  マイルス・デイビスとしては(願いがかなうこと ...

『PORTRAIT − YOSHIKO KISHINO BEST SELECTION』の4曲目は【BEAUTIFUL LOVE】(以下【ビューティフル・ラヴ】)。  【ビューティフル・ラヴ】に漂う緊張感が,心底カッコイイ! この演奏をバトル形式と読むのは簡 ...

 ジャズ・ピアノには2つの大きな系譜がある。それがパウエル派とエヴァンス派である。  このパウエル派とエヴァンス派の系譜は,時を越え海を越え形を変え,ここ日本の女性ジャズ・ピアニストたちの歴史にも連綿と受け継がれている。  「男勝りの力強いタッチ」が特徴の ...

↑このページのトップヘ

Copyright (C) 2005-2024 アドリブログ All Rights Reserved.