アドリブをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

ジャズ/フュージョン批評ブログ CDレビュー 名盤ガイド:CD, DVD, ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

タグ:TAKEOMORIYAMA

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。  『ジャズに名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーテ ...

『MANA』の5曲目は【MANA】(以下【マナ】)。  【マナ】を聴いていると,意識的に聞いているつもりがないとしても,森山威男のドラムの「轟音」の“地鳴り”や“地響き”を感じると思う。  これって身体で音圧を感じるという意味ではない。読者の皆さんの中に ...

『MANA』の4曲目は【EXCHANGE】(以下【エクスチェンジ】)。  【エクスチェンジ】が『MANA』のハイライト。  オーソドックス形式のフリー・ジャズであるが,フォーマット通りのタイム感で演奏しながら,ここまでぶっ飛ぶことができるとは信じ難い演奏で ...

『MANA』の3曲目は【BARJO】(以下【バルジョ】)。  (実際にそうかは知らないが)森山威男のライブで会場から手拍子が起こるのは【バルジョ】ぐらいのものだろう。  いい雰囲気,すなわち熱気プンプンの熱い演奏である。フリー・ジャズには,分かりやすいメ ...

『MANA』の2曲目は【DR.FUJII】(以下【ドクター・フジイ】)。  【ドクター・フジイ】の演奏は物凄い。しかし,どう聴いても森山威男が80%の力で余裕しゃくしゃくドラミングを楽しんでいる印象の,垂れ流しセッション・ナンバー。  キャッチーでリズミ ...

『MANA』の1曲目は【SUNRISE】(以下【サンライズ】)。  【サンライズ】は,のっけからフルスロットルで印象的なテーマを猛プッシュする森山威男と共演メンバーが激しくぶつかり合っては爆発的なエネルギーを放出している。  井上淑彦のソプラノ・サックス ...

 「ドンシャリ」を1人で担う森山威男こそが,神保彰に代表されるテクニシャン勢を押しのけて,J−ジャズ界の「第一人者」だと思っている。  森山威男の何がそんなに凄いのか? それは「桁外れで無尽蔵のパワー」である。まるで重戦車が全速力で驀進しているような趣き ...

『FROZEN DAYS』の5曲目は【MITOCONDRIA】(以下【ミトコンドリア】)。  高校生の頃に【ミトコンドリア】を聴いていた。でも疲れ知らずのあの時でさえも途中で息切れしてしまって最後まで聴き通すのは難しかった。  【ミトコンドリア】とはズバリ ...

『FROZEN DAYS』の3曲目は【CHIASMA】(以下【キアズマ】)。  【キアズマ】を聴いてまたまた心が折れてしまった。【キアズマ】をどうレヴューしたらよいのだろうか? ユニークなメロディーが連なるテーマ部だけは楽しんで拝聴できるが,それ以外のフ ...

『FROZEN DAYS』の2曲目は【DOUBLE HELIX】(以下【ダブル・ヘリックス】)。  【ダブル・ヘリックス】はピアノの山下洋輔とドラムの森山威男によるデュオ・トラック。  坂田明がいないだけで,こんなにも聞きやすいのか? 坂田明の存在感を感じ ...

 カシオペア&ザ・スクェアで幕開けした管理人のジャズ/フュージョン人生。そこからまずは主要なフュージョン・グループ,ナニワ・エクスプレス,MALTA,松岡直也辺りを聴きまくりトドメはやっぱりウェザー・リポート。この流れは今でも続いている。  どちらにして ...

↑このページのトップヘ

Copyright (C) 2005-2024 アドリブログ All Rights Reserved.