アドリブをログするブログ “アドリブログ”JAZZ/FUSION

ジャズ/フュージョン批評ブログ CDレビュー 名盤ガイド:CD, DVD, ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

タグ:TERUMASAHINO

『WISHES』の5曲目は【ELECTRIC ESPHEMERON】(以下【エレクトリック・イフェメロン】)。  シャッフル・リズムでのスイング・ナンバー【エレクトリック・イフェメロン】は“電化マイルス”が実験していた新しいロック&ファンクに対する菊地雅 ...

『WISHES』の4曲目は【PACIFIC HUSHES】(以下【パシフィック・ハッシズ】)。  バンド名としての「東風」を地で行くのが【パシフィック・ハッシズ】であろう。思うに菊地雅章は【パシフィック・ハッシズ】録音のどこかの時点で「東風」というバンド ...

『WISHES』の3曲目は【LA MOCA ESTA DORMINDO】(以下【ラ・モサ・エスタ・ドルミエンド(眠れる女)】)。  ゆったりとした流れの中でスティーヴ・グロスマンとデイヴ・リーブマンの渋めのアドリブに聴き惚れる【ラ・モサ・エスタ・ドルミエ ...

『WISHES』の2曲目は【CARIBBEAN BLUE】(以下【カリビアン・ブルー】)。  ラテンのリズムで書かれたブルース・ナンバー【カリビアン・ブルー】の聴き所はアンソニー・ジャクソンのベースであり,レジー・ルーカスのカッティング・ギターである。す ...

『WISHES』の1曲目は【AURURAL FLARE;PART 1(BASED ON GAGAKU−“HYOJO:KANSHU”)〜AURURAL FLARE;PART 2】(以下【オーロラル・フレア;パート1(原曲:雅楽〜平調「甘州」)〜パート2】) ...

 菊地雅章の“電化マイルス”大接近と来れば1981年の『SUSUTO』と1982年の『ONE WAY TRAVELLER』と思われているが,実はその5年前に,それこそ正規“電化マイルス”のサイドメンたちと,トランペッターをマイルス・デイビスから日野皓正に ...

『HINO=KIKUCHI QUINTET』の4曲目は【H.G. AND PRETTY】(以下【H.G.アンド・プリティ】)。  マイルス・デイビスに寄せたハード・バップ調アップ・チューンの【H.G.アンド・プリティ】で日野皓正の端正なトランペットが素晴 ...

『HINO=KIKUCHI QUINTET』の3曲目は【LONG TRIP】(以下【ロング・トリップ】)。  【ネフェルティティ】をモチーフにしたようなテーマで始まる【ロング・トリップ】は,菊地雅章のピアノ・トリオのクリエイティブなリズムがチリバツ。  絶 ...

『HINO=KIKUCHI QUINTET』の2曲目は【IDEAL PORTRAIT】(以下【アイデアル・ポートレート】)。  【アイデアル・ポートレート】は,いかにもモーダルなバラード。ハーモニーや2管ユニゾンのパートはウェイン・ショーター色だし,ピア ...

『HINO=KIKUCHI QUINTET』の1曲目は【TENDER PASSION】(以下【テンダー・パッション】)。  【テンダー・パッション】をいつ聴いても感じるのが「新鮮味」である。  現在も追いかけ続けているヒノテルとプーさんの演奏が(レコードだ ...

 「日野=菊地クインテット」の『HINO=KIKUCHI QUINTET』(以下『日野=菊地クインテット』)については,J−ジャズ史に残る“伝説の双頭コンボ”と語られることが多いのだが,管理人ならJ−ジャズ史上初めて誕生したワールドクラスのジャズ・コンボと ...

『“GINPARIS SESSION”〜JUNE 26,1963〜』の3曲目は【IF I WERE A BELL】(以下【イフ・アイ・ワー・ア・ベル】)。  【イフ・アイ・ワー・ア・ベル】の主役はマイルス・デイビスのポジションを務める日野皓正のトランペッ ...

 高柳昌行と新世紀音楽研究所の『“GINPARIS SESSION”〜June 26,1963〜』(以下『銀巴里セッション』)とはJ−ジャズ版の『バードランドの夜』である。  つまりハード・バップ誕生のドキュメントを記録したのがアート・ブレイキー・クインテ ...

『DOUBLE FACE』の6曲目は【AMBOSELI】。  【TRIBORO BRIDGE〜MEMORIES OF M.K.】のSEがイントロで再び流れてくる【AMBOSELI】だが,今度は4ビートに転調して日野皓正の大登場!  右チャンネルにジャズ・ ...

『FINE』の8曲目は【MOMENT OF LONELINESS】(以下【モーメント・オブ・ロンリネス】。  ジャズ/フュージョンに“恋する”小林香織が,憧れの日野皓正と初共演した【モーメント・オブ・ロンリネス】であるが,2人の相性はよろしくない。  これ ...

 音楽,歌手は“歌”そのものが良ければ,ルックス(ビジュアル)は関係ない。ましてジャズ/フュージョンは…。  巷でそんな声を耳にする。果たしてそうだろうか?  ここで某個人名に言及することは避けるが,管理人的には「もっとルックスが良かったら爆発的に売れただ ...

↑このページのトップヘ

Copyright (C) 2005-2024 アドリブログ All Rights Reserved.